信用事業を行っている愛知県下JAとJA愛知信連とを併せて、「JAバンクあいち」と総称します。

  1. ホーム
  2.  > JA愛知信連について
  3.  > コンプライアンス態勢

コンプライアンス態勢

コンプライアンス(法令等遵守)態勢

金融機関は、その業務の公共性の高さから、法令や社会的規範を逸脱するような営業姿勢を厳に慎み、良識ある営業活動を行うことが強く求められています。

当会におきましては、当会の基本的使命と金融機関としての社会的責任の重みを常に認識し、公正かつ健全な業務運営を通じてこれらを果たしていくことで、利用者の皆様や地域社会から揺るぎない信頼を確保するため、コンプライアンス(法令等遵守)態勢の確立を経営上の最重要課題として取り組んでいます。

具体的には、役員および関連部署長で構成するコンプライアンス委員会を中心としたコンプライアンス態勢全般にかかわる企画・推進・進捗管理体制のもとで、責任者等の役割や連絡・報告ルート等の明確化を図り、関連部署が連携して業務の健全性・適切性の一層の向上に努めています。
また、コンプライアンスを実現するための具体的な実践計画(コンプライアンス・プログラム)を毎年度理事会で審議・策定し、役職員が一丸となって継続的にその実現に向け取り組んでいます。

さらに、業務遂行に際して堅持すべき考え方や行動の指針を明文化した「倫理憲章」や、倫理憲章に基づいて業務上の具体的な行動のあり方を示した「役職員の行動規範」、遵守すべき法令等の内容および事故等の発生時の対応手続を規定した「コンプライアンス・マニュアル」を制定し、職場内研修等を通じて全役職員に周知・徹底を図っているほか、コンプライアンス意識の一層の向上を図るため、毎年役職員に対して外部講師によるコンプライアンスに関する研修を実施しています。

外部講師による役職員向けコンプライアンス研修会

倫理憲章

1. 当会の基本的使命と社会的責任
当会の基本的使命と社会的責任の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じてそれらを果たしていくことで、地域社会からの一層の揺るぎない信頼の確立を図る。
2. 質の高い金融サービスの提供
金融システムの一員としての基本的機能および県下JA系統信用事業における県域機能を十全に発揮することはもとより、創意と工夫を活かした質の高い金融サービスの提供を通じて、地域社会の発展に貢献する。
3. 法令等の厳格な遵守
関連する法令等を厳格に遵守し、社会的規範に背くことのない、誠実かつ公正な業務運営を遂行する。
4. 透明性の高い組織風土の構築
経営情報等の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く地域社会とのコミュニケーションの充実を図り、良好な関係維持に努めつつ、透明性の高い組織風土を構築する。
5. 職員の人権の尊重等
職員の人権、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保する。
6. 環境問題への取組み
資源の効率的な利用や廃棄物の削減を実践するなど、環境問題に積極的に取り組む。
7. 社会貢献活動への取組み
当会が社会の中においてこそ存続・発展し得る存在であることを自覚し、社会と共に歩む「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動に取り組む。
8. 反社会的勢力等の排除
社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力等に対しては、確固たる信念をもって、排除の姿勢を堅持する。

個人情報の保護

当会では、個人情報保護に的確に対応するため、個人情報保護にかかわる管理・組織体制を整備するとともに、個人情報保護にかかわる考え方および個人情報の取扱いを示す「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」、個人情報の取扱いの基本事項を定める「個人情報取扱規程」、個人情報の取扱いの具体的事項を定める「個人情報取扱手続規程」を制定し、個人情報保護に関する法律・関係法令等および「個人情報保護方針」等を遵守することで、利用者の皆様の個人情報の適切な保護と利用に努めています。
また、特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報をいいます。)については、特定個人情報の取扱いの基本事項を定める「特定個人情報取扱規程」、特定個人情報の取扱いの具体的事項を定める「特定個人情報取扱手続規程」を制定し、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律等を遵守することで、利用者の皆様の特定個人情報の適正な取扱いと厳格な保護措置に努めています。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

当会は、利用者等の皆様の個人情報および個人番号等(以下「個人情報等」といいます。)を正しく取り扱うことが当会の事業活動の基本であり社会的責務であることを認識し、以下の方針(プライバシーポリシー)を遵守します。
なお、詳細につきましては、「個人情報のお取扱いについて」をご覧ください。

1. 関係法令等の遵守
当会は、利用者等の個人情報等を適正に取り扱うために、「個人情報の保護に関する法律」および「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」といいます。)をはじめとする関係法令・関係ガイドライン等に加え、本保護方針に定めた事項および当会の諸規程を誠実に遵守します。
2. 利用目的

当会は、利用者等の個人情報等の取扱いにおいて、利用目的をできる限り特定したうえで、ご本人の個人情報等を取得するに当たっては、その利用目的を通知、公表または明示するとともに、その利用目的の達成に必要な範囲内において、これを取り扱います。ただし、番号法における個人番号等(個人番号および個人番号をその内容に含む個人情報をいいます。)の利用等、個人情報等の利用目的が法令等に基づき別途限定されている場合には、当該利用目的以外での取扱いはいたしません。
なお、当会の個人情報等の利用目的は、当会の本店業務部に備え置くとともに、ホームページ等に掲載しております。

3. 適正な取得
当会は、個人情報等を取得する際には、適正かつ適法な手段で取得いたします。
4. 安全管理措置
当会は、取り扱う個人情報等を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、漏えい等を防止するため、安全管理に関する必要かつ適切な措置を講じ、従業者および委託先(再委託先等を含みます。)を適正に監督します。
5. 第三者への提供
当会は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。
また、個人番号等につきましては、番号法に限定的に明記された場合を除き、第三者に提供いたしません。
6. 機微(センシティブ)情報の取扱い

当会は、ご本人の機微(センシティブ)情報(人種、信条、労働組合への加盟、門地、本籍地、保健医療等に関する情報等金融分野における個人情報保護に関するガイドラインで定める情報をいいます。)につきましては、法令等に基づく場合や業務遂行上必要な範囲においてご本人の同意をいただいた場合などの同ガイドラインに掲げる場合を除き、取得・利用・第三者提供はいたしません。

7. 開示・訂正等、利用停止等
当会は、保有個人データにつきましては、法令に基づきご本人からの開示・訂正等および利用停止等のお申し出に、迅速かつ適切に応じます。
8. 継続的な改善
当会は、取り扱う個人情報等の保護のための取組みを継続的に見直し、その改善に努めます。
9. 苦情・ご意見・ご要望のお申し出
当会の個人情報等の取扱いに関する苦情・ご意見・ご要望につきましては、誠実かつ迅速に対応します。
当会の個人情報等の取扱いに関する苦情・ご意見・ご要望につきましては、次の窓口までお申し出ください。
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目3番8号
愛知県信用農業協同組合連合会 本店業務部
TEL 052-951-4108

金融商品の勧誘

当会では、利用者の皆様に的確に対応するため、金融商品販売にかかわる勧誘の基本姿勢を示した「金融商品の勧誘方針」を制定するとともに、その具体的な留意事項および実務上の取扱いを記載した「役職員向け手引書」を作成し、お客様に対する的確な商品内容の説明や適正な勧誘など、金融機関に求められる義務の周知・徹底を図っています。

金融商品の勧誘方針

当会は、金融商品販売法の趣旨に則り、貯金・定期積金その他の金融商品の販売等の勧誘に当たっては、次の事項を遵守し、お客様の立場に立った勧誘に努めるとともに、より一層の信頼をいただけるよう努めてまいります。

  • 1. お客様の投資目的、知識、経験、財産の状況および意向を考慮のうえ、適切な金融商品の勧誘と情報の提供を行います。
  • 2. お客様に対し、商品内容や当該商品のリスク内容など重要な事項を十分に理解していただくよう努めます。
  • 3. 不確実な事項について断定的な判断を示したり、事実でない情報を提供するなど、お客様の誤解を招くような説明は行いません。
  • 4. お約束のある場合を除き、お客様にとって不都合と思われる時間帯での訪問・電話による勧誘は行いません。
  • 5. お客様に対し、適切な勧誘が行えるよう役職員の研修の充実に努めます。

苦情処理措置および紛争解決措置への対応

当会では、利用者の皆様からの相談・苦情等に迅速かつ的確に対応するため、業務運営体制・内部規則等を整備のうえ、その内容をホームページ・リーフレットで公表するとともに、「JAバンク相談所」とも連携し、以下の受付窓口を設けて利用者の皆様の声を誠実に受け止め、その円滑な解決を図ることに努めています。

1. 苦情処理措置の概要

当会では、お客様により一層ご満足いただけるサービスを提供できるよう、JAバンクに関するご相談および苦情等を受け付けております。

  • 1. 相談・苦情等の申し出があった場合、これを誠実に受け付け、迅速かつ適切に対応するとともに、その対応について、必要に応じて当会内で協議し、相談・苦情等の迅速な解決に努めます。
  • 2. 相談・苦情等への対応にあたっては、お客様のお気持ちへの配慮を忘れずに、できるだけお客様にご理解・ご納得いただけるよう努めます。
  • 3. 受け付けた相談・苦情等については、定期的に当会経営陣に報告するとともに、当会内において情報共有化を推進し、苦情処理の態勢の改善や苦情等の再発防止策・未然防止策に活用します。
JA愛知信連 本店 業務部内 受付窓口
電話番号 052-951-4108
受付時間 午前9時~午後5時
(金融機関の休業日を除く)

JAバンク相談所でも、JAバンクに関するご相談・苦情等をお受けしております。公平・中立な立場でお申し出をうかがい、お申出者のご了解を得たうえで、ご利用の組合等に対して迅速な解決を依頼します。
なお、個別のお取引内容や手続き、貯金・融資等の具体的な条件・商品内容・手数料等のお問い合わせにつきましては、JAバンク相談所ではお答えできないこともございますので、当会の窓口にお問い合わせください。

JAバンク相談所
電話番号 03-6837-1359
受付時間 午前9時~午後5時
(金融機関の休業日を除く)

相談・苦情等受付・対応態勢の概要

当会は、下図のような態勢でお客様からの声を真摯に受け止め、迅速な解決に努めるとともに、分析・業務改善活動を通じて商品や各種サービスの開発・改善に活用します。

お客様からのお申し出に対する対応について

当会の内部規則(相談・苦情等対応手続規程)の概要
  • 1. お客様からのご相談・苦情等については、当会の相談・苦情等受付窓口部署(本店業務部)で受け付け、原則として相談・苦情等総括担当者が対応します。
    ただし、ご相談・苦情等の内容や状況に応じて、他の担当者が対応することがあります。
  • 2. 当会は、ご相談・苦情等のお申し出があった場合、これを誠実に受けとめ、当該ご相談・苦情等にかかる事情・事実関係等を調査するとともに、必要に応じて所管部署との連携を図り、ご相談・苦情等の迅速な解決に努めます。
  • 3. ご相談・苦情等の受付・対応にあたっては、迅速かつ適切に対応するとともに、お客様からお申し出の内容・事情等を充分お聞きする等により、可能な限りお客様のご理解とご納得をいただいて解決することを目指します。
  • 4. ご相談・苦情等の内容やお客様のご要望等に応じ、お客様に適切な外部機関(金融ADR制度において当会が紛争解決措置として利用している愛知県弁護士会紛争解決センター等)をご紹介するとともに、その標準的な手続の概要等の情報をご提供いたします。
  • 5. 外部機関において紛争解決に関する手続が継続している間にあっても、必要に応じ、一般的な資料のご提供やご説明等をお客様に対して行います。
当会にお申し出いただいた相談・苦情等の標準的な手続の流れ

2. 紛争解決措置の概要

苦情などのお申し出については、当会が対応いたしますが、お客様が外部の紛争解決機関を利用して解決を図ることを希望される場合は、紛争解決措置として次の弁護士会を利用できます。

愛知県弁護士会紛争解決センター
電話番号 052-203-1777
受付時間 午前10時〜午後4時
(土・日・祝日・年末年始を除く)

上記弁護士会の利用に際しては、以下の当会の相談・苦情等受付窓口またはJAバンク相談所にお申し出ください。
なお、愛知県弁護士会紛争解決センターに直接お申し立ていただくことも可能です。

当会の相談・苦情等受付窓口(本店業務部)
電話番号 052-951-4108
受付時間 午前9時〜午後5時
(金融機関の休業日を除く)
JAバンク相談所
電話番号 03-6837-1359
受付時間 午前9時〜午後5時
(金融機関の休業日を除く)

弁護士会以外の他の機関でも紛争解決のお申し出を受け付けています。詳しくは当会の相談・苦情等受付窓口にご相談ください。

ページトップへ