信用事業を行っている愛知県下JAとJA愛知信連とを併せて、「JAバンクあいち」と総称します。

  1. ホーム
  2.  > JA愛知信連について
  3.  > ごあいさつ

ごあいさつ

皆様には、日頃より、愛知県信用農業協同組合連合会(愛称「JA愛知信連」)に格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。

当会は、昭和23年の設立以来、農業専門金融機関・地域金融機関として、県下のJAが食の安全と安心を地域の皆様にお届けすることを金融面からサポートするとともに、利用者の皆様の生活向上に資する幅広い金融サービスを提供することにより、豊かな地域社会の創造に取り組んでまいりました。

さて、日本経済は、少子高齢化・人口減少の進展による潜在的な個人消費低迷や、米国の保護主義的な経済政策運営による企業業績の下振れ等が懸念されるものの、政府による経済対策の効果や東京五輪を控えた設備投資の増加などから、引き続き、緩やかな回復基調が続くものとみられます。
一方、金融業界におきましては、金融リテール市場の縮小懸念や、日銀のマイナス金利政策長期化等による厳しい経営環境に対応するため、各業態において、AI等を活用した抜本的な業務改革や、組織再編に取り組む動きが強まっております。
更に、JA系統組織におきましては、政府が示す農協改革集中推進期間の期限が迫る中、農業の担い手や地域の利用者の皆様から高い評価をいただけるよう、農業所得の向上等を目指した自己改革の着実な実践が喫緊の課題となっております。
こうした環境認識のもと、当会におきましては、県下JA系統信用事業(通称「JAバンクあいち」)の県域組織として、県下JAの自己改革の取組みを十全にサポートするとともに、農業専門金融機関・地域金融機関としての質の高い金融サービスの提供等に努めているところです。

今後におきましても、県下JAと一体となって、組合員をはじめとする利用者の皆様から一層信頼される金融機関としてお役に立つことができるように、役職員が一丸となって「JAバンクあいち」の発展に努めてまいります。
今後とも皆様の一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年7月

経営管理委員会会長 石 川 克 則
※写真右
代表理事理事長 太 田 亮 介
※写真左

ページトップへ