信用事業を行っている愛知県下JAとJA愛知信連とを併せて、「JAバンクあいち」と総称します。

  1. ホーム
  2.  > JAバンクあいちを知りたい
  3.  > JAバンク・セーフティネット

JAバンク・セーフティネット

JAバンクには「JAバンク・セーフティーネット」があります

より安全な金融機関としての信頼を得るために、JAバンクは、「破綻未然防止システム」と「貯金保険制度」による「JAバンク・セーフティネット」を構築し、皆さまの貯金を安全にお守りします。まず、公的制度である「貯金保険制度」。そして「JAバンクシステム」のもとJAバンク全体で経営健全性を確保する取組みである「破綻未然防止システム」。この仕組みによって、組合員・利用者の皆様により一層の「安心」をお届けします。

JAバンク・セーフティネットの仕組み

破綻未然防止システム

JAバンクの健全性を確保し、JA等の経営破綻を未然に防止するためのJAバンク独自の制度です。
行政の基準よりもさらに厳しいJAバンク独自の自主ルール基準(自己資本比率等)を設定し、個々のJAの経営状況をチェック(モニタリング)します。
また、全国制度の「JAバンク支援基金」と、県制度の「愛知県JAバンク支援制度」の二つの制度が互いに連携し、万一の事態に至ることのないよう、早期・適切に経営健全性の向上のために、必要な支援(資本注入や資金援助等)を実施します。

破綻未然防止システムのポイント

経営状況のチェック(モニタリング)
個々のJAの財務状況、業務体制などについてチェック(モニタリング)を行い、問題点の早期発見に取り組んでいます。モニタリングは、農林中金に設置された「JAバンク中央本部」と信連に設置された「JAバンク愛知県本部」が行います。
経営改善への取組み
モニタリングの結果「自主ルール基準」に該当するJAは、この状況に応じた一定の資金運用制限を行いつつ、経営改善への取組みを行います。JAバンク中央本部・愛知県本部は、関係団体と連携しその取組みを強力にサポートします。
資金面による強力なサポート
「自主ルール基準」に基づき経営改善への取組みを行うJAには、全国制度の「JAバンク支援基金」やJAバンクあいち独自の制度である「愛知県JAバンク支援制度」が、必要に応じて、資金面でのサポート(資本注入や資金援助など)を行います。

貯金保険制度

「貯金保険制度」は、貯金者保護のための国の公的な制度であり、JA・信連・農林中金などの加入が義務づけられています。万一JAが経営破綻して貯金の払い戻しが出来なくなった場合、貯金を一定の範囲で保護します。

ページトップへ