MENUCLOSE

  • ホーム
  • JAバンクあいちの地域貢献活動

JAバンクあいちの地域貢献活動

農業振興に向けた取組み

  • JAバンクアグリ・エコサポート基金
  • JAバンクは、大きな変革に直面する日本の農業・農村に対しこれまで以上に踏み込んだ支援・貢献策を展開し、自らの社会的使命にこたえていくため、「JAバンクアグリサポート事業」を創立しました。「農業担い手の皆様への支援」、「農業および地域社会に貢献する取組みなどへの支援」、「消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み」の3つの切り口から、農業振興等に貢献する事業を展開しています。

  • 新規就農者セミナーの開催
  • 地域農業を支える担い手を育成・支援するため、JA愛知中央会との共催により、新規就農者を対象としたセミナーを年2回開催しています。

  • 地域農業の応援団の拡大支援
    ~農業応援定期積金「つみたて!愛知」~
  • 地域農業の応援団の拡大に資する取組みとして、平成29年4月より農業応援定期積金「つみたて!愛知」(以下「つみたて!愛知」という。)の取扱いを開始しました。

    この「つみたて!愛知」は、県内産農畜産物の普及促進・消費拡大への取組みを通じた農業所得の向上を目的に、県内産農畜産物等を掲載したギフトカタログを抽選による特典としており、更には、将来に向けた農業の担い手の育成・支援を目的として、愛知県立農業大学校の学生に奨学金を給付することとしています。

  • 教材本贈呈事業
  • 地域の小学校の農業に対する理解を促進するため、食農教育応援事業の一環として、平成20年度から農業に関する教材本「農業とわたしたちのくらし」を県内の全小学校を対象に配付しています。また、平成24年度からは、特別支援学校や特別支援学級向けに編集した教材本(特別支援版)の配付にも取り組んでいます。

  • 地域密着型金融への取組み
  • 農山漁村等地域の活性化のための
    融資を始めとする支援

    地域における農業者との結び付きを強化し、地域を活性化するための取組みを行っています。

    担い手の経営のライフサイクルに応じた支援

    担い手をサポートするため、ライフサイクルに応じた支援の取組みを行っています。

    経営の将来性を見極める融資手法や
    担い手に適した資金供給手法等の提供

    担い手の経営実態やニーズに適した資金の提供に努めています。

    農山漁村等地域の情報集積を活用した
    持続可能な農山漁村等地域育成への貢献

    地域社会に貢献するため、様々な食農教育応援事業に取り組んでいます。

社会貢献活動への取組み

  • 自然災害等により被災された方々への支援
  • 自然災害等の被害を受けられた方の早期復旧に少しでもお役に立てるよう、自然災害等に伴う災害義援金の振込手数料を無料でお取扱いしております。

  • JAバンクあいちドームドッジへの特別協賛
  • JAバンクあいちでは社会貢献活動の一環として、ナゴヤドームで開催される全国最大規模のドッジボール大会に特別協賛しています。

  • 環境等配慮型住宅ローン
  • 環境等配慮型住宅ローンとは、オール電化など地球環境に優しい住宅に対して金利を軽減する住宅ローンです。
    JAバンクあいちは、地球温暖化防止などの環境保全等に資するため、家計と自然に優しい家づくりを推進しています。

  • マイカーローン
  • 低公害車を購入される方を対象に、金利の軽減が適用されるマイカーローンエコプラン。
    JAバンクあいちは、環境を大切にする方を応援します。

  • ATMへのバリアフリー機能の導入
  • JAバンクあいちでは、視覚障がい者の方や高齢者の方が安心して確実にご利用いただけるように、すべてのATMに視覚障がい者モードやかんたん操作モードといったバリアフリー機能を導入しています。

    視覚障がい者モード

    ハンドセット(テンキー付の受話器)の音声ガイドに従い、テンキーを操作することで、視覚障がい者の方でもATMを利用することができます。
    また、ATMの機種によっては、操作画面の周辺に数字や「+」、「ー」などの凸状の触覚記号を配置し、記号を触った指をそのまま画面にスライドすることにより画面上のボタンを操作することができます。

    かんたん操作モード

    高齢者の方でも安心してご利用いただけるように、「お引出し」や「残高照会」などの基本的な機能に限定し、操作画面を大きくはっきりとした分かりやすい文言で表示いたします。
    また、操作中は、画面の切替えをゆっくり行うことにより、画面が切り替わっていることを認識しやすくしています。