MENUCLOSE

JAバンクあいち

ごあいさつ

皆様には、日頃より、愛知県信用農業協同組合連合会(愛称「JA愛知信連」)に格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。

当会は、昭和23年の設立以来、農業専門金融機関・地域金融機関として、県下のJAが食の安全と安心を地域の皆様にお届けすることを金融面からサポートするとともに、利用者の皆様の生活向上に資する幅広い金融サービスを提供することにより、豊かな地域社会の創造に取り組んでまいりました。

さて日本経済は、コロナ禍における個人消費停滞等に伴う景気回復の伸び悩みに加え、物価高騰やウクライナ情勢緊迫化など、世界経済の不確実性の高まりを受け、先行き不透明な経済環境となっています。
また、金融業界におきましては、超低金利環境の長期化など厳しい収益環境が続き、各金融機関は、生き残りをかけて経営統合・再編等を進め、デジタルバンキング化を加速させる等、経営基盤の強化を図るとともに、新たな付加価値・収益機会の創出に向けて、異業種業態との連携強化や地域商社化を展開し、持続可能なビジネスモデルの再構築への動きを見せています。
更に、JA系統組織におきましては、令和3年6月に閣議決定された規制改革実施計画においてJAが組合員との対話を通じた「自己改革実践サイクル」を構築し、自己改革を着実に実践することが求められ、これまで以上に農業・関連産業向け投融資の戦略的な取組み等、系統金融機関として金融仲介機能を十全に発揮することの重要性が一層高まっています。
当会は、こうした情勢認識を踏まえ、県下JA系統信用事業(通称「JAバンクあいち」)の県域組織として、県下JAの自己改革の取組みを十全にサポートするとともに、農業専門金融機関・地域金融機関としての質の高い金融サービスの提供等に努めているところです。
今後におきましても、県下JAと一体となって、組合員をはじめとする利用者の皆様から一層信頼される金融機関としてお役に立つことができるように、役職員が一丸となり「JAバンクあいち」の発展に努めてまいります。
今後とも皆様の一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年7月

経営管理委員会会長 石川克則 代表理事理事長 太田亮介

経営管理委員会会長 石黒 秀一

※写真右

代表理事理事長 太田 亮介

※写真左